TREKKING GEAR

 

山岳写真を撮影するためにはそれなりの登山道具が必要です。
私の私見も含め、所持している山行に必要な登山道具を掲載します。

 

-BACKPACK―

モンベル チャチャパック 45L

chacha_blue


日帰り登山及び一泊程度のテント泊ならこのサイズでギリギリオッケー
撮影機材を入れても今のところはなんとかやりくりできているがそろそろ限界の容量><
他のメーカーに比べて国内メーカーのため1万程度のリーズナブルな価格で購入することが出来る。
また、お財布にやさしいくせに機能はしっかりしている憎いザックです。
ザックカバーは付属していませんが、カバーを併用することで私は冬期間の登山時にも使用しており、
1年通して、ずっと私と旅を続ける友人です。

 

-TREKKING POLE―

ブラックダイヤモンド トレイル

f-1-bd001-11-300x145

長距離や重量なパッキングでのトレッキング時などにおいては足腰への負担は著しく、
あっという間に疲労感に苛まれることもしばしば…。
そういう時はトレッキングポールを積極的に活用しましょう。
足部に架かる負担を分散することで疲労感も軽減できますよ。
類似タイプでクッション付のものもありますが、私は冬季の登山も少々行っているため、
クッション部分の冬季凍結を懸念してこちらを採用しました。

 

-TENT―

モンベル ステラリッジ2型

shopping


登山の醍醐味といえば高所での宿泊(私の史観)
山小屋泊もいいけどやっぱり自分の宿を構えたいですよね。
そんな夢の我が家です。
2名用ですが、これに山で2人寝るのはおそらく厳しいでしょう。
だいたいのどのメーカーもそうですが、登山でテントを買うなら2名以上のスペースのものをおすすめします。
山で多く使われているアライテントもイイですが、この黄色のボディに惚れて購入してしまいました。
ただ、アライに並んでこのシリーズも使用者が多く、テン場で自分のテントを見失いそうになります><

 

―SLEEPING BAG-

ナンガ ダウンバック250STD

41ja5TEhuPL


使用可能温度域 4~-1℃
収納サイズ Φ15×25cm
宿泊を伴う登山時には必須のアイテム
コンパクトさが命のアイテムですが、このサイズ間および使用可能温度域ならばそこそこの金額のとこ
こいつは楽●市場さんで1万ジャストでした><
安すぎです。しかも安心ブランドのナンガ製!
まずはこれからお試しあれ!きっと後悔しないですから!!

 

―TREKKING STOVE-

PRIMUS(プリムス) P-121 マイクロバーナー


登山を始めて間もない頃、先輩から譲り受けたバーナー
未だに現役で活躍させていただいています。
クッカー使用時は不安定になりがちですが、
それ以上にコンパクトさが抜群!
↓のクッカー内に収まるのでまだ暫く現役で頑張ってもらいます。

 

―COOKWARES-

PRIMUS(プリムス)  ライテックトレックケトル&パン

008-16966-i07


セット内容:1.0L鍋(内径11cm×高さ10cm)
フライパン(内径11cm×高さ2.7cm)
バーナーに合わせて購入したクッカー
ガスカートリッジとバーナーが鍋の中にすっぽり収まるので
丁度いい大きさです。1Lの鍋はたっぷりお湯を沸かせるのでペアでの登山時にもいいですし、
小さなフライパンはかわいく目玉焼きを焼けますよ!(山に卵を持っていくもの好きはあまりいないでしょうが…。)

 

写真素材のピクスタ

皆さんのコメントお待ちしてますよ^^

Leave a comment

Loading Facebook Comments ...