―大雪山-

北海道の中央部にそびえる火山群の総称
「大雪山」は単独の山ではなく、山の集合体の名称であり、アイヌ名称ではヌタㇰカムウシュペと言う。
大雪山はさらに表大雪、東大雪、北大雪の三地域に分けられるが、
各山域ともそれぞれに火山の生成時期が違うため、山の姿や雰囲気にも個性がある。また、三地域及び十勝連峰を含め「大雪山国立公園」に指定されており、
南北63km、東西59kmの広さを誇る。面積でいうと神奈川県とほぼ同じである。

夫婦池と旭岳

旭岳
標高2290.3m

 


中岳より北鎮岳を望む

北鎮岳
標高2244m

(山の説明は準備中)


黒岳

黒岳

標高1984m


IMGP1675

白雲岳

標高2229.5m

写真素材のピクスタ

皆さんのコメントお待ちしてますよ^^

Leave a comment

Loading Facebook Comments ...