―FA43mm F1.9 Limited-

IMGP7748

PENTAXユーザーであれば単焦点レンズの豊富さがウリであり、
その中でも有名なFA limited三姉妹
私自身、その存在を知りながらも今までレンズの違いを良く理解できていませんでしたが、
初のFA limitedを購入してみてレンズが変わるとここまで描写が変わるのかと驚かされました。
その理由は線の細い描写です。

IMGP7756

DA⋆、DA limitedレンズはデジタル専用レンズというだけあって、
高い解像力ででハッキリとした画像を記録します。
昨今DA limitedシリーズも一新され、HDコーティングにより、
解像力ではとても太刀打ちは出来ないでしょう…。
しかし、FA limitedは解像力とは違った何かを持っています。
もともと広角風景をメインとしてきた私に43mm(換算66mm)という画角は使いこなせるか非常に不安でしたが、
撮影の幅が広がる一手となればと思いこの度購入を決意。



最初はなんとも中途半端な画角にとても戸惑いましたが、
使っていくうちにこのレンズがわかってきた。
このレンズ、簡単に言うととても細いシャープペン
もしくは万年筆で描いたように細い線の描写をするレンズです。
例えると「カリグラフィー」のような…。オシャレなコなんです。
ポートレートなどの撮影の際はモデルの髪の一本一本が美しく描き出されます。
画角も慣れてくると普段の自分の視点から一歩踏み込んだような感覚の画角なので、
スナップ目的でプラプラ歩いていた時に
ふと目に入ったものを撮りたいと思ったときに、見事に被写体を持ち上げてくれるような撮り方が出来ます。
街角スナップなどには適しているように感じます。

作例 :十勝岳登山道での標識
IMGP5631

写真素材のピクスタ

皆さんのコメントお待ちしてますよ^^

Leave a comment

Loading Facebook Comments ...