フィルムカメラにおいて、リバーサルフィルムを主に用いた特殊な現像方法の名称です。

ネガフイルムとポジフイルム
写真用のカラーフイルムには「ポジフイルム」と「ネガフイルム」の2種類があります。

①ネガフィルム
一般的に普及されているフイルムです。
今となっては購入する機会もほとんどないでしょうが、
使い捨てカメラやコンビニなどに売っているフィルムはネガフィルムです。
現像に出すと茶色いシートに明暗が反転しているものが返ってくると思います。
これがネガフィルムの正体です。人の顔とかすごい色になってて笑えてきます。

②リバーサルフィルム(ポジフィルム)
フィルムカメラ全盛期時代にはプロの方々が使用していたフィルムがこちらです。
現像に出すと撮ったときの画がそのまま記録されるものです。
小学生ぐらいの小さいときに学校でカメラマンが撮ってくれた写真大きなスクリーンで
見た経験はありませんか?あの時に使われていたのがおそらくポジフィルムです。
これを光にあてるとそのまま転写されるので
スライドショーなどに使われたりしてたはずです。
このフィルムは露出にシビアで、露出補正をしっかりしていないと綺麗に撮影することができない一方で
ネガより綺麗に写すことができるものです。


(ネガフィルムとリバーサルフィルム)

クロスプロセスとは
2種類のフィルムは、現像する際に使用する現像液が違います。
しかしながらクロスプロセスは逆の現像液を使用しちゃいます。
要は正規のルールを無視して
本来ポジフイルム用の現像液で現像するのを、ネガフイルム用の現像液で現像しちゃうわけです。
(逆もあるらしいのですがこれはあまり効果がないらしい・・・)
違う現像液を使うので適切な色やコントラストも得られないのですが、
それがなんとも味のある画像に仕上がるんです。
この予測不能な化学反応が面白い!
まっ、厳密には予測不可能と言いましたが、
使用するポジフイルムによって、赤が強く出たり緑が強く出たり、ある程度傾向があるそうです。

1.普通に撮影した写真

 

 

 

 

 

 

 

2.クロスプロセス化した写真

 

 

 

 

 

 

 

最近デジタルカメラにも「クロスプロセス」の設定のものが増えてきているところですが
元の原理はこんなとこです。
最近ではフィルムによるクロスプロセスは一般の現像所でも取り扱っていないようです。
デジタルのクロスプロセス化は自分の撮った写真の新たな一面を発見することができる方法の一つです!

原理を理解した上でぜひ楽しんでみてください。

写真素材のピクスタ

皆さんのコメントお待ちしてますよ^^

Leave a comment

Loading Facebook Comments ...