デジタルカメラが普及してもアナログの表現に魅了される人は多いはず

デジタルとは違った、柔らかさ、一味違った色合い。
デジタルでは失敗に見られがちな周辺光量落ちをあえて取り入れることで風味のある1枚へと変貌していきます。

私自身、LOMO HOLGAをはじめとるするトイカメラユーザーの作品を見るたび、
非現実的な、色合いや柔らかさに魅了されている者のひとりです。
あの独特の写真の雰囲気はたまりませんよね~!

しかしながらアナログは
①現像に出すまで結果がわからない、
②このご時世、ポジフィルム自体の取扱いが少ないく現像だけでもにコストがかかる
③クロスプロセス処理をしてくれるところも少ない

といったデメリットともあります。(そこがアナログの魅力の部分でもあるのですが…。)

じゃあ、手っ取り早くデジカメでとことんトイカメラ風に写真を加工しちゃえばいいじゃん!
ってことでデジタルでトイカメラ写真をアナログにしてみましょう!


デジタルトイカメラ写真=デジトイ写真を自作してありふれた1枚をアートな1枚に変えてみましょう!

写真素材のピクスタ

皆さんのコメントお待ちしてますよ^^

Leave a comment

Loading Facebook Comments ...