「ハイダイナミックレンジ」の略称

通常の写真技法に比べてより幅広いダイナミックレンジを表現するための写真技法の一種です。

例えば

空と森の風景や、屋内と窓越しに撮った外のように

撮影するときに適正な明るさが異なる物を撮る

とどちらか一方に補正された写真が出来上がります。

これは、カメラの構造上防ぎようがありません・・・。

(これが良かったりもするんですが・・・)

空に露出補正すると森が暗く(黒とび)したり、

逆に森に露出補正すると空が明るくなりすぎる(白とび)

こんな写真になることよくありませんか?

このような状況の際、

きれいに表現する方法がハイダイナミックレンジ合成なのです。

 

簡単に言うと、

明るい写真や暗い写真を一緒に撮って写真を重ねてイイトコ取りしちゃいます。

↑こんな感じでブランケット撮影してみました^^

 

ただ、HDRはこれを保存する際に行う「トーンマッピング」の設定によって、

芸術作品のような写真に激変するのです^^

最近ではデジカメにHDRが内蔵されているものも徐々に出てきてます!

スマートフォンのアプリでも出てきており、これから注目の技術と言えるでしょう♪

普通の写真に飽きた人、もっと強調した1枚に仕上げたいひとは是非!

○参考HP
・ウィキペディア:ハイダイナミックレンジ合成

・HDR Works:HDRとは

 

○HDR作品の有名な海外サイト
NEW YORK CITY in HDR
ニューヨークでのHDR写真を掲載しているサイト
John Miles Photography
風景がメインのHDRサイト なめらかな作風で自分が理想とする写真が多い><

写真素材のピクスタ

皆さんのコメントお待ちしてますよ^^

Leave a comment

Loading Facebook Comments ...