日高の稜線を歩きたくて・・・トヨニ岳


冬の日高連峰をカメラに収めたい…。

そんな欲望を叶えるため、

雪も少なくなってきた3月後半旅路を決意。

日高エリアはまだ勉強不足で

自分の実力と装備で

登れる山はよくわからず…。

 

「野塚岳」、「トヨニ岳」を候補として

いざ、出発!

まずは天馬街道にある「野塚トンネル」を目指します。

 

野塚トンネルはここです。

片道200kmの長旅です。

日高自動車道を走っていると日の出が^^

天馬街道に入る。

次第に日高の山々が見えてきます。

野塚トンネルに到着しました。

もうすでに多くの車が停まっています。

先行者たちは皆、トヨニ岳方面に登って行くようです。

じゃあ、自分も^^

しかし、BC装備で来てしまったので

稜線上まで上がって、

野塚岳へ転戦する予定で行くことにします。

初めから

なかなかの登り勾配

谷筋を登って行きます

 30分も登らずこの景色。

天馬街道が眼下に見えます。

もう少しで稜線

出れば綺麗な景色が広がっているはず

期待に胸が膨らみます。

・・・

・・・

 稜線へ到着!

浦河方面の山々

綺麗な谷筋が見えます。

野塚岳方面はトレースなし・・・

そして・・・

どーん!!

トヨニ岳!

勇ましい姿をやっと拝むことが出来ました。

こちらは稜線上にトレース有り。

360度カメラで撮るとこんな感じです。

 

しかし、自分の装備で行けるかな…。

まっ、先行者もいるし

行けるとこまでってことで

行ってみましょう!

野塚岳を諦め、トヨニ岳へ!

稜線上は比較的広く、

雪もしっかりしていて歩きやすかった

次第にトヨニの核心部へ

↑写真の左側の稜線を上がり切ったところで

山頂から戻った方と

出会いお話させてもらいました。

ここから先は尾根も細く

山頂まで時間を要するようで

自分の実力と

雲が広がってきた天候を鑑みて

ここで引き返すことに・・・。

後から登ってきた方々も

皆ここでフィニッシュとなりました。

稜線分岐まで戻ってみると、どよんとした雲が…。

 

 残念ですが、また来シーズン

装備を揃えて挑みたいと思います。

 

 

写真素材のピクスタ

皆さんのコメントお待ちしてますよ^^

Leave a comment

Loading Facebook Comments ...