北海道の頂上からライドオン!旭岳


北海道の最高峰「旭岳」頂上から滑ってきました~!

 

・・・なんてカッコイイことを言ってみたくて

挑戦してきました。

冬の旭岳は毎シーズン登っていて今年で4年目になりますが、

いつも姿見からのピストンハイクだったので

今回は初めての試みであります。

 

3月某日 日の出直前のAM5時に自宅を出発します。

 

約3時間半で旭岳ロープウェイ駅へ到着

快晴で山行に期待が膨らみます。

早々にパッキングをして

ロープウェイに揺られること10分

旭岳5合目 姿見駅へ到着

山頂方面は雲一つありません。

ちょっと登って、スノーシューを装着します。

振り返ると姿見駅と十勝連峰が見えます。

十勝方面は若干の曇り。

好天が続くことを願い レッツ! クライムオン!

姿見駅から15分程度で

姿見の池まで上がります。

 

一面の雪面。どこを歩いても自由^^

噴煙の音が近くに聞こえてきました。

ルートは夏道どおり。

向かって右の尾根を登って行きます。

 

多くのトレースが残っているので、

まず迷うことはありません。

順調に高度を上げていきます。

日差しも強く、暑くて

汗だくでしたが、8合目付近から風が出てきたので

ウェアを着用します。

そしてこの登り…。

冬期間の運動不足により

足が悲鳴を上げ、折れそうな気持に

鞭打って登ります。

登ってきたルートを振り返ってみます。

この高度感。

たまらない^^

9合目付近からは

南面に巻いて登って行きます。

トムラウシ、十勝連峰に続く美しい稜線が

見えてきます。

最後の急登を登り終え、

登り初めから2時間半で頂上にたどり着きました。

山頂では2パーティが休憩しており、

少しお話させてもらいました。

北尾根側の斜面が滑るには良さそうとのことです。

ただ、地獄谷へ降りるこの斜面↓

楽しそうでゾクゾクしてしまいます。

とりあえず、北尾根を少し歩いて検討することにして

小休止しながら山頂からの景色を堪能します。


山頂からの景色

 

1.北鎮岳方面

2.北海岳方面、遠くにニセカウ

3.地獄谷方面

4.稜線 (この道を登ってきました。)

5.永井、安足間岳方面 ~シュカブラが綺麗です。

6.山頂からの360度カメラ


とこんな感じで綺麗な景色を堪能した後は

いよいよ、山頂からのライドオン!

です。

北尾根側から地獄谷へ抜けることで決定。

壮大な景色の中 滑走します。

しかし、雪質はあまりよくありません。

パウダーっぽく見えますが締まっており、

時折ズボッっといきます。

こんな風に↓↓

それでも、楽しく姿見駅まで滑走。

滑ってきたラインを確認しながらパシャリとやります。

陽も傾いてきたので、

そろそろお楽しみの時間は終わりです。

早々にコースを滑ります。

もう、太ももが限界…。

16時前にロープウェイに到着。

 

今年も大満喫の旭岳でした。

BCのためにももう少し下半身を鍛えなくては・・・。

 

 

おしまい。

 

 

 

写真素材のピクスタ

皆さんのコメントお待ちしてますよ^^

Leave a comment

Loading Facebook Comments ...