初日高エリア! 伏美岳へ


日高山脈 伏美岳に登ってきました。

登山を始めてかれこれ5年近く、

自身初の日高エリアです。

今まで各山々でお会いした岳人の先輩方は

皆、日高山脈の良さを口にしていたので、一度この目で見てみたいと思っていました。

いろいろ調べた結果、コース的にも難易度が高くなく、

かつ日高の名だたる山々を一望できる「伏美岳」をチョイスしました。

場所はここです。

伏美岳地図

7/12 夜自宅を出発します。

いつも通り高速は使わず、ひたすら下道を走らせます。

日勝峠を超え、

芽室町に入ると国道38号線状にセブ●イレブンが見えてきます。

登山前の買い出しはここでするといいでしょう^^

もしくは公立芽室病院の近くにもセブンイレ●ンがあります。

買出しを済ませて、田舎道をまた、ひた走ります。

美生ダム付近からは林道に入ります。

約10kmの林道

乗用車で通行は可能ですが、道はそこまでよくありません。

気を付けて走行しましょう。

登山口にスペースに停車し3時間近く仮眠。(※明るくなってから撮影しました。)

zzz

zzz

伏美岳登山口付近

翌6時、荷物をまとめ早速登山開始!

クライムオン!!

先行者は2組でした。

伏美岳水場

登山口から100メートルほど歩くと早速、水場が現れます。

帰りはここで靴などの汚れを流しました。

登山道は迷うことはありませんが、9割近く森の中です。

IMG_2803_R

この日は気温も高く、蒸し暑くて大量の汗をかきました><

IMG_2806_R

要所要所に看板が立っていますので安心です。(1、3、5、9合目に看板ありを確認)

ただ、新しい看板と古い看板が混在してちょっとわかりづらいかも…。

※古い看板

IMG_2805_R

ルートは大半がそこそこ急な尾根をひたすら登り、たまに緩やかな斜面にでるとジグを切り・・・的な感じです。

IMG_2811_R

登山開始から45分程度で5合目到着。

小休止しながら食料&水分補給です。

IMG_2812_R

今回の行動食はフルグラの「黒豆きなこ味」

牛乳がなくてもとってもおいしいです。

グレートトラバースで田中陽希さんが行動食をペットボトルに入れていたのを見て

真似してみました。

手が汚れていても食べれるし、

袋じゃないからつぶれないし。

ザックのサイドポケットに忍ばせておけば、ザックを下すことなく食べれるし。

いいですね~!!

5分ほど休憩してまた登り始めます。

・・・

・・・

・・・

黙々と登ります。

20分くらい登ると木々の隙間から帯広市方面が見えてきました。

ん?

IMG_2814_R

おお!!

雲海が!!広がっています!

山頂の景色に期待が膨らみペースが上がります^^

IMG_2816_R

やがて9合目の看板が!

あと少し!!

そして

IMG_2818_R

9合目を超えると、一気に景色が開けてきました。

後ろを見ると・・・

IMGP4206_R

雲海!!雲海!!

なんて綺麗なんでしょう!

山頂まであと少しラストスパートです。

午前8時

IMGP4212_R

コースタイム3時間のところ、2時間で山頂に到着しました。

幌尻岳方面は雲無くすっきりとした景色!

後ろを振り返り帯広市方面を望むと

IMGP4244_R

一面の雲海といった具合に幻想的な世界が広がっていました。

IMGP4254_R

南面の山々、札内岳やカムエクが望めます。

IMGP4328_R

稜線上をたどっていくと幌尻岳、戸蔦別岳、北戸蔦別岳、ピパイロ岳が見渡せます。

IMG_2820

いつまで見てても飽きない景色です。

体力的にも余裕があり、

ピパイロ岳までの縦走をしたいところでしたが、

今回はここまで><

縦走ルートは次回にお預けして、降りることにしました。

IMGP4338_R

いつまでも続く、雲海に飛び込むように下山を開始します。

IMGP4345_R

木漏れ日の中、終始気持ちのいい山行でした。

下山は1時間半ほどで登山口に到着。

IMGP4359

気持ちのいい山行となりました。

IMG_2859_R

帰りは登山口より少し手前にある、山小屋を偵察

日高の山らしい三角屋根の小屋でした。ここで前泊もアリだな。

IMG_2864_R

帰りはまた、砂利道を進みます。

行きは暗闇だったのでよくわからなかったが、

一部崩落個所があります。

走行される方は十分気を付けてください^^

IMG_2853_R

今回のGPSログ

 移動距離 7.81km

 移動時間 3:12

 停止時間(休憩時間)2:01

10kmも歩いていなかったのね・・・><

さて、次回はどこに挑戦しようかな・・・。

 

写真素材のピクスタ

皆さんのコメントお待ちしてますよ^^

Leave a comment

Loading Facebook Comments ...