LightRoomを使ってRAWを編集しよう!


前回はRAWとJPEGの違いについて説明しました。
生データのRAWを活用することでWB等の後処理や、
画像調整が行えるが専用ソフトが必要という話でしたね。
ではその編集ソフトってどんなのがあってどれがいいの?
ってことについて今回は説明したいと思います。

PENTAXユーザーの私はカメラ購入の際に
RAW編集用の「pentax digital camera utility 」が付属しています。
Digital Camera Utility4
これが正直使いにくいのなんのって…。

もともとSILKYPIXというパッケージソフトメーカーの開発ソフトであり、
カメラ付属のものだからしょうがないけど…
機能がそこまで多くないし、PENTAXの名のついているRAW現像ソフトなのに
カスタムイメージやWB(CTEなど)を利用できないし。まぁ固まるんですわ…。
PCの処理能力のせいじゃなくて、ソフトがちょっと…。
やっぱりちゃんとしたデジタル現像ソフトが必要だということを思い知らされました。

そこで、お薦めしたいのがAdobeさんのPhotoshop Lightroom(ライトルーム)ってソフトです。
よく、photoshopを使用している方はPhotoshop CSや
Photoshop Elements使用者が多いと思いますが、
RAW使いは絶対Lightroomの方がコストパフォーマンスで利得があります。

Lr

ではAdobeさんのHPに掲載している内容を参考に2つのソフトの説明をまとめてみました。

・Photoshop

Photoshop
デジタル画像編集ソフトです(デジタル写真ではないところがミソ!)。
レイヤー機能を活用して画像を重ねたり、文字を入れたりしながら
イラストやデジタル画像を作成するためのソフト

・Lightroom

lightroom logo
Photoshop Lightroom は、主に大量の RAW 画像を扱うユーザ向けデジタル写真処理用のソフト
大量のRAWを一括現像処理することや画質調整を行うことを主たる目的として
WB、色彩やレベル調整に特化しており、デジタル現像を行うためのソフト

ということでphotoshopは画像デザイン職人向け、lightroomはカメラマン向きということが言えます。
ただ、私のようなブロガーや写真編集を行う人たちにとってはlightroomもphotoshopも両方欲しいところなのです。

では写真撮影からの流れをまとめると

 
①RAWで撮影

②Lightroomで調整
(WB、白黒レベル調整等)

③lightroomで現像処理
(JPEG等に変更して保存)

④photoshopでさらに編集
(ネーム入れ、フィルター変換)

という流れになりますかね。

ということは両方揃えなきゃダメか…。
と思った方、ちょっと待ってください。
ADOBEさんはそんな方々を想定してくれています。

Adobe Creative Cloud フォトグラフィプランです。

Lightroom+Photoshopの両方が使えて、月々980円です。
とってもお得じゃないですか!?
通常、パッケージのソフトだと1個で1万超えてきます、
しかも1年、2年経つ間に新しいモデルのパッケージが発売され、
その都度アップデート版を買おうか悩ましいところだったと思います。
ただ、このプランだとパッケージソフトではない代わりに最新版が常に使えるのでおすすめです。

↓こちらのストアからどうぞ↓
アドビストア

って私、Adobeの営業の者じゃないですよ…。
実際に使ってみてどういいのかはまた今度書きたいと思います。

写真素材のピクスタ

皆さんのコメントお待ちしてますよ^^

Leave a comment

Loading Facebook Comments ...