皆既月食 ~赤く見える理由~


皆既の様子です。

300mm撮影後トリミングの結果これが精一杯です><
安物の望遠レンズだとこれが限界だな・・・

皆既すると光量が少なく、付近も明るい場所で撮影する結果となり、
おまけに雪で三脚がうまく固定できませんでした・・・

無念・・・次回こそは・・・

ということで皆既中はなぜ赤くなるのか参考となるHPよりひっぱってきました。

皆既月食が赤く見える理由

皆既月食中の月は、赤銅色ともいわれ、赤っぽい色をしています。
月が地球の影に入っても完全な真っ黒にはなりません。
その理由は、太陽光が地球の大気によって屈折や散乱され、うっすらと月面を照らすためです。
赤くなるのは、朝焼けや夕焼けの原理と同じように波長の長い赤い光のほうが大気中を通過しやすいためです。

とのことです。勉強になりました^^

AstroArts 【特集】2011年12月10日 皆既月食より引用

CAMERA:PENTAX K-7
LENDS:TAMRON AF 70-300mm F4-5.6 Di LD MACRO

にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へにほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

↑同ジャンルの素敵な投稿がいっぱいあります。興味のある人はクリックお願いします>

写真素材のピクスタ

皆さんのコメントお待ちしてますよ^^

Leave a comment

Loading Facebook Comments ...